webの話

Webデザイナーはやめとけ。と言える人の5つの特徴【現実的なお話】

Webデザイナーはやめとけ。と言える人の5つの特徴【現実的なお話】

どうも、のら猫です。

みなさんにWebデザイナーのイメージを聞いてみると、

一般
一般
  • かっこいい!オシャレ!
  • すごい楽しそう!
  • 憧れる!自分もやってみたい!

というような声が多いですね。

そんな良いイメージを持って目指している人には申し訳ないんですが、

Webデザイナーはやめとけ。

のら猫
のら猫
いきなり元も子もないですね。すみません。

Webデザイナーはやめとけと言っても、覚悟がなければやめとけというお話です。

ちなみに僕はWebデザイナーとして正社員・フリーランス含めて10年ほど。

そんな僕の経験から思う「Webデザイナーはやめたほうがいい」という人の特徴をまとめてみました。

のら猫
のら猫
現実をちゃんと見て!という自戒も込めています!

Webデザイナーはやめとけ。と言える人の5つの特徴

Webデザイナーはやめとけ。と言える人の5つの特徴

早速、結論ですね。

以下の5つに当てはまる人は、Webデザイナーはやめとけです。

  • 【1】長時間労働に耐えられない
  • 【2】給料・待遇ばかりを重要視する
  • 【3】アンテナを張れない
  • 【4】最新技術を受け入れられない
  • 【5】先の将来を考えない

正直、Webデザイナーの仕事は泥臭いことがほとんど。

ひとつずつ解説していきますね。

のら猫
のら猫
厳しい現実的なことを言っちゃいますが、理想とのギャップに慣れておくといいかもね☆

【1】長時間の労働に耐えられない

デザイナー
デザイナー
残業とか無理!ちゃんと定時に帰りたい!

長時間の労働(1日10時間以上)に耐えられない人は、Webデザイナーやめたほうがいいです。

待遇にもよりますが、ただ長時間が耐えられないだけとか甘い!と言われる業界です。

会社員であってもフリーランスであっても、Webデザイナーは長時間労働がどうしても付きもの。

Webデザイナーを本気で目指すなら、長時間労働くらい覚悟しておいてください。

のら猫
のら猫
長時間働けばいいという話ではなく、あくまで気持ち的な話です

あ、ブラック企業に肩を持つわけじゃないですよ。

身体を壊す・精神的に追い詰められるほどの労働時間を強いられる会社はダメ。論外です。

のら猫
のら猫
そんな会社は未来がないので、時間の無駄。
とっとと辞めましょう!

【2】給料・待遇ばかりを重要視する

デザイナー
デザイナー
給料安いし、ボーナスない!

給料やボーナスは確かに大事ですが、収入ばかり気にする人はWebデザイナーは厳しいですね。

なぜなら、Webデザイナーは致命的に給料が安い。笑

Webデザイナーの平均年収は240〜360万円(月収20〜30万円)と言われています。

新入社員で20万円以下なんてとこも普通にあります。

のら猫
のら猫
もちろん会社によりますが、安いところが多いです…

じゃあ安い給料でも働く意味は?というと、

学べることが多いかどうか。(これ重要!)

学べることがたくさんあれば多少は給料安くても、価値が得られるから全然アリです。

どんな経験でも学べることがあれば、絶対に無駄になりません。

学ぶことがなければ、もっと待遇のいい会社へ転職するか独立しちゃいましょう。

【3】アンテナを張れない

デザイナー
デザイナー
情報が多すぎ!流行なんて知らない!

Webデザイナー業界は情報が多い上に、変化も速いです。

数ヶ月前の情報でも、古くて使えないなんてこともあります。

そのため、常にWebに関するアンテナをはって、最新情報をインプットする習慣が必要です。

のら猫
のら猫
流行を取り入れればいいわけでもなく、情報の取捨選択も必要ですねー

【4】最新技術を受け入れられない

デザイナー
デザイナー
今さらやり方変えられない!このままでいい!

Webの技術進歩に合わせて手法も変わってきます。

ソフトが変わったり、標準の定義が変わったり、デザイン手法が変わったり、デバイスが変わったりとほんと目まぐるしい。

最新技術についていかないとどんどん置いてかれてしまうので、まあ…大変ですね。笑

のら猫
のら猫
消えていく技術もあるので、無駄になることも多々あったり…

【5】先の将来を考えない

デザイナー
デザイナー
え?先のことなんて考えてないよ?

Webデザイナーの先は短いです。(実力によります)

優秀な若い世代がどんどん出てきて追いかけてきますから。

のら猫
のら猫
ホント目の当たりにすると、すごい焦りますよ!(経験談)

まあ漠然でもいいんで、自分なりのキャリア形成をちゃんと考えておいた方がいいという話ですね。

例えば、

Webデザイナーを3年経験したら、次の会社でディレクターを経験、人脈を作ったら独立して…

みたいな感じです。

そういった将来のことを考えず、流れ作業のようにやっていると、いつの間にか周りに追い抜かれちゃいますよ。

のら猫
のら猫
なんとなくでも考えておくといいですね!

それでもWebデザイナーを目指したい!

それでもWebデザイナーを目指したい!
もしガッツリ当てはまったとしても、その気持ちがあれば挑戦してみるべきです。

実際にやってみないと分からないのも事実ちゃ事実。

のら猫
のら猫
また元も子もないですね!笑

大したことがないと思うかもしれませんし、思ったよりキツイって思うかもしれません。

その辺は個人差や会社によるので。

何はともあれ「どうしてもWebデザイナーをやりたい!」という気持ちが強くあるなら突っ走っちゃうのも大事です。笑

のら猫
のら猫
夢中になる気持ちは、成長に不可欠です!

厳しい現実を突きつけといてあれですが、Webデザイナーになるのは難しくありません。

↓良かったらこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

未経験・センス0の僕でもWebデザイナーになれた3つのコツ
未経験・センス0の僕でもWebデザイナーになれた3つのコツ「未経験でも、センスなくても、30代過ぎてても、Webデザイナーなんてできるの?」と思った方。 結論、できます。 どうも、の...

まとめ

今回は僕が思う「Webデザイナーはやめたほうがいい」という人の特徴をお話しました。

改めてまとめてみますね。

  • 【1】長時間労働に耐えられない
  • 【2】給料・待遇ばかりを重要視する
  • 【3】アンテナを張れない
  • 【4】最新技術を受け入れられない
  • 【5】先の将来を考えない

逆を言うと、覚悟しちゃえば全然平気になります。

のら猫
のら猫
それを踏まえても、やっぱWebデザイナーは楽しいですもん。

キツイ下積みは過ぎてみれば、Webデザイナーあるある(自虐ネタ)とか盛り上がったりもしますし。笑

つまり、

WebデザイナーはドMに向いてる!
(たぶん違う!∑(゚Д゚))

以上、のら猫でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です